「変化を受け入れ」て楽しむ(加筆修正)

ともすると私たちは、いろいろな物事に対して「永遠に続く」と思いがちです。
特に辛い時には「この状況が一生続く」ように感じますし、何か(誰か)を好きな気持は「ずっと変わらない」と思ってしまいます。

あるいは「何事もどんどん変わっていく」ことは知っているつもりでも、それに反して「これだけは変わって欲しくない」と願ってしまうこともよくあります。
ついつい「○○だけは変わらないのでは」と期待してしまって、変化を見た後に挫折を感じたり失望したり・・・、もしょっちゅうやってしまいます。
逆に、「変わることを知っているからこそ、変わることが恐い」ということもたくさんあります。

しかし良くも悪くも、あるいは好むと好まざるとに関わらず、変化は必ず訪れます。
物事も状況も、変化し続けることは事実として疑いありません。
悪いことは必ず終わりますし、逆に良いこともいつか終わりが来ます。
人の内面も外見も性格や気持ちも、変わるタイミングやスピードは確かにまちまちですが、必ず時間と共に変わっていきます。
何であろうとも、「必ず変化」します。

だから変化に振り回されないようにするには、どんな事柄も「必ず変わる」ことを認めて受け入れるに越したことはありません。
変化したことで「裏切られた」ように感じたり「喪失感」や「挫折感」を味わう代わりに、変化自体を楽しみましょう。

変わることを恐れる必要もありません。
怖がる気持ちは心も身体も緊張させますから、変化が実際に起こった時の対応が良い結果と結びつきにくくなります。
予想できることに対しての準備だけはきっちり済ませて、あとはなるようになるだけ。
リラックスして『何が来ても大丈夫!』と楽しむことができれば、どんな事態に対面しても貴重な体験ができるはずです。

変化を受け入れるためには、「変化は恐れないで楽しむ」くらいがちょうど良いのかもしれません。
何事も「変わるもの」なのです。

*瞑想方法『「変化を受け入れる」瞑想』はこちらです

カテゴリー: 空と音と時の話