変化を受け入れて「変化を楽しむ」

ともすると私たちは、何かに対して「永遠に続く」と思いがちです。
特に辛い時には「この状況が一生続く」ように感じますし、誰か(何か)を好きな気持は「ずっと変わらない」と思ってしまいます。

しかし実際には、どんな事柄も「必ず変化」します。
人も気持ちも時間と共に変わりますし、物事も状況も変化し続けることは、事実として疑いありません。
悪いことは必ず終わりますし、逆に良いこともいつか終わりが来ます。
良くも悪くも、変化は必ず訪れます。

だから、「必ず変わる」ことを受け入れるに越したことはありません。
変化したことで「裏切られた」ように感じたり「喪失感」や「挫折感」を味わう代わりに、変化自体を受け入れましょう。
何事も「変わるもの」なのです。

「何事も変化する」ことを受け入れた上でさらに、予測のつかない変化を「楽しむ」という方法があります。
『次はどんなことが起きるのかな?』と楽しみにしてみるのです。
来てほしくないことが起こるのは確かに辛いのですが、来てしまった場合にはそれに対処する以外ありません。
予想できることはシミュレーションしておけばある程度は安心ですし、予想できなかったことは起こってからの対応になります。
どちらにしてもそれらは、終わってみれば良い経験になることは間違いありませんから、変化自体を楽しんでみましょう。

変化を恐れる必要はありません。
恐れは心身をともに硬直させますので、良い結果と結びつきにくくなります。
リラックスして『何が来ても大丈夫!』と楽しむことができれば、どんな事態に対面しても素晴らしい体験ができるはずです。
「変化」は恐れないで楽しみましょう。

*瞑想方法『「変化を受け入れる」瞑想』はこちらです

カテゴリー: 空と音と時の話