「開かれた未来」にフォーカスする

私たちは普段何気なく、未来のことを考えたり予想したりしています。
しかし現実としてこれから何が起こるかは、実際には誰にも分かりません。
実際に、予想を超えたようなことはしょっちゅう起こっているのではないでしょうか。
逆に言えば、予想している内容に関わりなく、「どんな未来でも起こりうる」ということでもあります。
全く思いつきもしなかったような「びっくりの未来」が、これからやってくるかもしれません。

未来は、あらゆる可能性に向かって開いています。
その可能性の中には、「スーパー最高の未来」も含まれています。
そして私たちはその中のどの未来でも目指すことができますから、どうせなら、一番明るい未来に向かって進みませんか。
未来を新しく創り出す必要もありません。
すでにある「未来の可能性」の中の、「明るく開けた未来」に向かって進むだけですから。(*)

当てずっぽうでも構いませんし、もちろん熟考しても構いません、今の時点で「一番良さそうに思える方向」に向かいましょう。
結果として実際に訪れる未来がどうなるか分からない以上、やってみる以外ありませんから。
当てが外れたら、その時点でまた「一番良いと思える」方向修正をすれば良いのです。

毎瞬毎瞬、方向修正を繰り返したとしても問題ありません。
実は私たちはこの「毎瞬毎瞬の(最善の)選択」を無意識のうちにやっていますが、「それを意識的に行ってみよう」ということです。
そうは言っても実際には「意識して毎瞬毎瞬選択し続ける」ことは不可能ですから、無理のない程度に「できる限り」やってみましょう。
そうして、今この瞬間に「一番良い方向にむかっている」と信じていられることが大切です。

考えられる中で、最善の未来にフォーカスしていましょう。
私たちは、明るく開かれた最高の未来に向かって進んでいるのです。

————

(*)これとは別に、「未来を切り開いていく」という考え方もあります。こちらは、自分自身で未来を創り出いていく道です。もちろん、こちらの道を選ぶこともできます。

*瞑想方法『「開かれた未来」の瞑想』はこちらです

カテゴリー: 空と音と時の話