「心から許す」経験をしてみましょう

私たちには、人に対しても自分に対しても「許せていない」ことが無数にあります。
誰かに対して怒っているのは、その人の態度や行為を「許せない」からですし、自分の行動を制限してしまうのは、それを自分に「許していない」からと言えます。
それらを許すことができないがために、私たちは知らず知らずのうちに次々とストレスを貯め込んでいます。

だから、「許せない」理由が何であれ、とにかく許してみましょう。
小さなことであれば、それを許したからといってどれほどの影響があるでしょうか。
内容の大小に関係なく、許すことができれば逆にどれだけの恩恵があるでしょうか。

人(の態度や行為)を許せると、それだけ穏やかに優しく楽になれます。
自分(の感情や行動)を許せると、それだけ軽く晴れやかに楽になります。

しかし私たちには「どうしても許せない」というものが、少なからずあるというのも事実です。
そういった根深いものや社会的に大きな問題(*)は許すことが困難ですが、それを許せた時の開放感は、根深さに反比例して大きくなります。

まずは些細な事柄から始めましょう。
「心から許す」という経験をしてみてください。
許した後の「清々しさ」や「暖かく楽になった感じ」を味わいましょう。

そして、ストレスを減らしてどんどん軽くなっていきましょう。

——–

*)原発問題や環境破壊、それに戦争などは絶対許せない、という考え方もあります。
しかしここでは、「許す」ことと「反対」することは大きく異なる、というポイントが重要です。
「許せない」のは怒りによってですが、「反対する」のは冷静に対極を見ての判断によります。
人の(そうせざるを得なかった)行為を許しながら、冷静な判断として粛々と反対し、出来る限りの行動をとることが解決への近道だと思えます。

*瞑想方法『「許そう」の瞑想』はこちらです

カテゴリー: 空と音と時の話