「時間」の不思議

「時間」の不思議。
あると考えて何の支障もなく矛盾も起きない。
しかし注意深く見ていけば「時間」の実体などとこにもなく、ただ今(この一瞬)があるのみ。

限りない変化の連続。

過去は変えられないのだろうか?
未来は思い出せないのだろうか?

カテゴリー: 空と音と時の話