いつまでたっても世界(宇宙)は謎と神秘に満ちている

アインシュタインが相対性理論を発表してほぼ1世紀が経った。
その後量子論も登場し、この世界の本質を説明している東洋神秘思想が単なる絵空事ではないことが、科学的な立場からも説明できるようになっている。
これからどう進んでいくのか、興味深いことではある。
はたして、気持ちや感情や愛などを含めたいわゆる「空気」が、まぎれもない存在(数式)として表される日が来るのだろうか。
宇宙に存在(偏在?)すると言われている「ダークマター」や「ダークエネルギー」との関連性は?

いつまでたっても世界(宇宙)は謎と神秘に満ちている。

カテゴリー: 空と音と時の話その他