愛する人に対して

「私はあなたをよく理解しているでしょうか。それともあなたを苦しめているでしょうか。もしそうなら言ってくださいもっとあなたを愛することができるように努力したいから。あなたを苦しめたくないから、もし気がつかないで、あなたを傷つけるようなことをしていたら教えてください。そうすれば、いまよりもっとあなたを愛せるし、あなたも幸せになれると思います」(ティク・ナット・ハン著 池田久代訳『微笑みを生きる』より)

愛する人に対して、こういう気持ちを直接伝えられるようになりたいです。

カテゴリー: その他