相手の目を見る

相手の目を見て話すのが苦手で、人の目をまともに見られない子供だった。
中学生のころ、「これではダメだ」と思って相手の目を見るよう努力した結果、ある程度は目を見て話せるようになったと思います。
それでもやはり苦手で、意識していないと、つい目をそらせてしまう。

恥ずかしい、というか相手の目を見ると、自分の心の中を隅々までくまなく見通されているようで、なんとも居心地が良くないのです。

カテゴリー: その他