山に登るときには足もとを見て登ると良い

山に登るときには、頂上を見るのではなく足もとを見て登ると良い、と聞いたことがある。頂上を見て登るとあまりの遠さに圧倒され、モチベーションが下がってしまうのだろう。
目指す目標は「頂上」に違いないのだが、見るのは足もとの一歩一歩だ。そして、着実に一歩ずつ歩を進めて行く。

カテゴリー: その他