「広がり、広がる」瞑想

ゆっくり腹式呼吸します。
身体(特に肩)の力を抜いてリラックスさせます。
呼吸を意識しながら気持ちを落ち着け、静かに穏やかになるよう心がけます。
意識を胸の中心(心臓あたり)に集中させます。

<呼吸法(*)(瞑想の準備)>

5分間、鼻を使ってできるだけ大きく複式呼吸をします。

大きくゆっくり深く「吸って」、しばらく息を「止めて」、ゆっくりと深く大きく「吐く」、・・・この動作を、数を数えながら繰り返します。
例えば5秒かけて吸った場合には、5秒間止めて5秒かけてゆっくりと吐く、というように「吸って」「止めて」「吐く」の時間間隔が「1:1:1」になるようにリズミカルに繰り返します。

できるだけ「深く」「大きく」「ゆっくりと」呼吸をしますが、無理をする必要はありませんので、「心地よい」ペースで行うようにします。
鼻が詰まって息苦しい場合は口を使っても構いません。
意識は胸の中心に集中させたままにします。

5分たったら普通呼吸に戻り、姿勢を楽にします。

<瞑想(*)>

改めて、意識を胸の中心に集中させます。
胸の中心に集中しながら、そこに「慈愛(愛)」で満たされている以外は何もない空間をイメージします。
宇宙空間のようなものを想像しても良いでしょう。
具体的なイメージでなくても、「大体そんな感じ」で構いません。

その空間を少しずつ大きくしていきます。
だんだんと大きく広げていくと、空間自体が胸全体よりも大きくなっていきます。
もっと広がって、身体全体がすっぽりと「慈愛の空間」に入ってしまうくらいになります。
体よりも大きくなって広がるだけ広がったら、その空間の中でゆったりと漂っている感覚に浸ります。

気持ちが静かに緩くなっている様子を、リラックスしながら観察します。
身体の感覚が薄くなっている感覚も、穏やかにゆったりと観察します。

自分の境目がなく、広がりのある周りの空間と一体になっている様子を感じましょう。
その穏やかで心地よい感覚にひたります。

————

*)慣れてくると、前半の呼吸法を省略しても心の広がりを感じることができます。
*)改まった瞑想としてだけではなく、日々のちょっとした時間にこの感覚を思い出すようにすると、心のリフレッシュが図れます。

 

*解説『時には「広がり、広がる」感覚を思い出す』はこちらです ▷
*瞑想の方法(空音オリジナル瞑想の場合)はこちらをご覧ください ▷

カテゴリー: オリジナル瞑想