「バランス」の瞑想

ゆっくり腹式呼吸します。
身体(特に肩)の力を抜いてリラックスさせます。
呼吸を意識しながら気持ちを落ち着け、静かに穏やかになるよう心がけます。
意識を胸の中心(心臓あたり)に集中させます。

目を閉じて、力を抜いて身体の感覚を感じるようにします。
上半身や下半身、腰や肩はどんな感じでしょうか?
力が入っている所があれば、意識的にその部分の力を抜いてみましょう。

身体の感覚を意識しながら、上半身をゆっくりと揺らします。
前後左右どの方向でも、気持ちの赴くままに上半身をユラユラゆっくり揺らします。

上半身を揺らしながら、その揺れているときの身体の感覚を感じましょう。
ゆっくり動いているときの気持ちよさ、傾き過ぎたときの不安定な感じ、あるいは単に身体の軸が動いている感覚など、身体感覚とその時々の気持ちを観察します。

揺れている状態での身体と心を十分に感じたら、今度はゆっくりと時間をかけて上半身の揺れを小さくしていきます。
徐々に徐々に揺れを小さくしながらも観察を続けましょう。
だんだんと揺れ幅が小さくなっていくのはどんな感じでしょうか?

少しづつ少しづつ揺れ幅を小さくしていって、最後は一番落ち着く位置で、身体の動きが自然に止まるようにします。
その間も、心と身体の感覚はどんな風になっていくか、観察し続けましょう。

身体の動きが止まった後は、どんな感じでしょうか?
身体の感覚はどうですか?
気持ちはどんな感じですか?

その静かな心地よさに浸りましょう。

 

*解説『どんな時でも「バランス」良く』はこちらです ▷
*瞑想の方法(空音オリジナル瞑想の場合)はこちらをご覧ください ▷

カテゴリー: オリジナル瞑想