『戯曲/二人静』公演を終えて

『戯曲/二人静』2015年12月13日(日)「戯曲/二人静」19時30分〜21時の本番が終わりました。
2ヶ月間お稽古をしてきて、「本番はまだまだ先のこと」と思っていたのに、とうとう終わってしまいました。

クリスタルボウル演奏を始めて、いろいろ叶えたい夢がありますが、能舞台での演奏もその一つです。
今回はその夢が叶って能舞台での公演でした。
舞台に立つと「キリッ」と引き締まるのかなぁ、となんとなく想像していたのですが、驚いたことに実際は大違い!
舞台上はとても柔らかく温かい雰囲気に包まれていて、なんとも心地よい(まさしく「愛」の)空間でした。
その「能舞台」で演奏できたことは、私にとってかけがえのない経験となったことは間違いありません。

また、収容人数300人あまりという大きな舞台に加えて、お芝居と共演するのは初めてで、これもまた私にとってはとても有意義な体験です。
しかも、バリアージという素晴らしい舞踊団の方々や、その他のスタッフの方々など、本当にクリエイティブで素敵な方々と一緒に作品を創っていく過程は、夢見心地の楽しい経験となりました。
この場を借りて、お礼申し上げます。
ありがとうございました。

来ていただいたお客様もまた暖かくて、真剣に見ていただいているのが伝わるほどにシンと静まった雰囲気で、集中してご覧になられていたのが印象的でした。
公演が終わった後に、少しの時間でしたがロビーに出てご挨拶させていただいたのですが、どのお客様も素晴らしい笑顔で談笑されていて、ご満足いただけたようでとても嬉しかったです。
貴重なお時間を割いて来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、クリスタルボウルの倍音は表層意識を薄め、意識を一種の瞑想状態へと誘います。
この効果は演奏後2〜3日は続くと言われています。
この、「ちょっとふわ〜っとした、いつもと少し違う感覚」をお楽しみいただければ幸いです。《クリスタルボウルの倍音に関してはこちらをご覧ください

カテゴリー: イベントレポート